スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気のチカラ2010

どうも(´ω`)ノ

2010年の11月ごろからほぼ終電帰りの生活で本当に死にそうになりました。

大晦日まで仕事で、楽しみにしていたテレビなどが見れなくてガックシでしたが、

今の時代は見たいものがたいていyoutubeに上がってくれているので非常にありがたく思います@@;

そしてやはり一番スカッとしたのがこれ。



記事はこちら
http://news.livedoor.com/article/detail/5244306/

以下転載です
==================================
12月31日、さいたまスーパーアリーナで開催された「Dynamite!!~勇気のチカラ2010」において、大会MVP級の活躍を遂げた一人は、いわずもがな、DREAMライト級王者・青木真也に2ラウンド開始4秒で膝蹴りを叩き込み、KO勝利を挙げた長島☆自演乙☆雄一郎だろう。

この試合は、DREAM特別ルールと銘打たれ、1ラウンドは長島の専門分野である立ち技ルールで、2ラウンドは青木の専門分野である総合ルールで行われたが、1ラウンド時の青木は故意にクリンチやドロップキックを繰り返して時間を稼ぐ王者とは思えない手法を用い、会場にはブーイングが起こっていた。

しかし、2ラウンド。自分の得意分野となり慢心したのか、開始早々に不用意にタックルに入ったところで長島の膝蹴りが炸裂、なんと、自らのフィールドである総合ルールで敗れる屈辱のKO負けを喫した。

現在もネットを中心に批判的なコメントが集まっている青木の戦い方だが、この試合では勝利を挙げた長島並みに興奮を隠しきれない男がいた。それは、解説を務めていた魔裟斗だ。

青木の戦法に不快感を感じていたという魔裟斗は、自らが所属するシルバーウルフで練習を積んでいる長島の勝利と、青木がKO負けした瞬間に喜びを爆発させた。解説にも関わらず、立って拍手を送ると、「1ラウンド、すげー頭にきてたもん」、「K-1舐めんな」など興奮気味に言い放つ。

また、冷静になった数分後に改めてコメントを述べると、青木の戦い方に、「人生逃げてちゃ勝てないんですよ。1ラウンドは逃げてたじゃないですか。やっぱり、逃げてちゃいけない。人生一歩前へ出ろ」と元K-1世界王者として、DREAM王者に苦言を呈すのだった。
==================================

グラナドエスパダで考えると青木の戦法はまさにスキルテレポ。

やはり汚い戦い方をしようとするといつか必ず報いが来るということでしょうか(´ω`;)

そしてアップデートで密かに注目されたヘレナのメモライズ。

異常なまでの詠唱速度になりましたね@@;

そんな中で昨日のコロニーで黒エミ、ヘレナという構成が多数見受けられましたが、

メモライズはのWIZバフがかき消されますよね(´ω`;)

なのでインビジスキルからの長速詠唱は不可能で。。@@;

これは運営さすがにGJだと思いました(´ω`)b

そんなこんなで2011年もグラナドエスパダをがんばっていきましょう。

テーマ : グラナド・エスパダ
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

T

Author:T
オンラインゲーム「グラナド・エスパダ」のダイアモンドサーバーで活動する者のブログです。ShiningHearts党に所属してます。

※なお、当ブログへのコメント・トラックバックは設置しておりません。理由はSEO上でで問題が生じたためです@@;
完全に一方通行のブログになってしまいますが何卒ご了承ください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス地域情報

ジオターゲティング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
グラナド・エスパダ
21位
アクセスランキングを見る>>
twitter
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。